登録販売者とは

登録販売者とは医薬品販売の専門家。今ニーズが拡大しつつあり、注目されている資格です。薬剤師との違いは処方箋に基づいた調剤ができないことと、第一類医薬品の販売ができないことです。受験にたいして学歴が問われないのも薬剤師との大きな違いです。登録販売者資格を取得するために、以前は薬剤師の管理下で1年以上の医薬品販売の経験が必要でした。

それが平成27年度試験から大きく変わり、学歴や経験を問わずだれでも受験が可能になります。実際の医薬品販売には条件がつきますが、試験の裾野は大きく広がりました。医療の資格を取得したいが、薬剤師になるのは難しいという人は登録販売者を目指してみてはいかがでしょうか。

医薬品の販売は薬剤師にしかできませんでしたが、登録販売者が登場したことでその状況も変わりました。医薬品業界の規制緩和によって、医薬品にかかわる人々の環境も大きく変化しています。医薬品分野への新規参入する業界はこれからも増えていくでしょう。ネット販売等これからも変化が予想されます。薬剤師にはより高度かつ専門的な知識が仕事のうえで求められるようになり、登録販売者とのすみわけが進んでいます。自分のライフプランを有利に進めていくためにも、よく考えて資格取得を目指しましょう。