薬剤師の働き方

薬剤師とは医薬品の専門家。私たちの身近では病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで白衣を着て働く姿を目にするのではないでしょうか。薬の服用方法や効果などを説明する服薬指導や、医師が出した処方箋を元に薬を調合するのは薬剤師の仕事です。薬を扱う場所では必ず販売している薬の管理をおこなう管理薬剤師を置くように定められています。調剤薬局であればそれに加えて薬の調合やカルテの管理もおこないます。

薬剤師として医療の知識を深めていくのであれば病院薬剤師という仕事があります。調剤室に勤務し、薬を出し説明するのが主な仕事ですが、患者への投薬の提案や、患者の症例から薬の効果を確認することもあります。そのほか活躍の場として、挙げられるのが製薬会社やサプリメントの会社での研究職。病気で苦しむ人々のために新薬を開発研究するのが主な仕事です。公務員のなかにも薬剤師はいます。警視庁の麻薬取締りや役所での薬剤相談など、公務員であってもその専門性を活かした仕事がメインです。

薬に関する仕事と簡単に言っても、現場でたくさんの人の役に立つのか、キャリアや知識を磨いて企業で活かすのか、その仕事の内容は様々です。キャリアアップのためにさらにうえの資格を目指すことも可能ですし、転職で知識の幅を広げていくこともできます。将来を見据えて自分の知識や能力を一番活かせる進路を探しましょう。

関連リンク『キャリアフィールド – 薬剤師転職サポート